籾殻くん炭と木酢液の生産

籾殻くん炭と木酢液の生産

November 16, 2020 0 By Ei Pyae Oo

一般的に使われている籾殻くん炭と木酢液は、農業分野では土壌改良や、病虫害対策に使われます。私たちのカレン州薬草資源センターでも、籾殻くん炭と木酢液を製造しています。どちらも有用な資材であり、入手が容易で、木酢液は、籾殻くん炭の副産物です。

籾殻くん炭の使用メリット
1. 籾殻くん炭の特徴は、土壌の保水力、有機炭素、栄養素および作物の収量を高め、土壌の密度と酸性度を調整します。また、土壌の気相を改善し、植物の根の成長を強化させる働きがあります。

木酢液の使用メリット
2. 木酢液には強度の殺菌効果があります。希釈して作物に散布することで、害虫や、ある種の植物病害を防除し、アリやハエが近づくのを防ぐ効果があります。

籾殻くん炭と、木酢液を作るために必要な材料
1. 籾殻                                                            –   22 kg
2. 金属製桶 (両側が開いているもの)  –    1つ
3. 竹 (節を取り除いたもの)                   –    1本
4. 鉄製ストーブ              –    1つ
5. 鉄製パイプ (L型)                                 –    1個
6. ドラム缶                                                   –    1つ

手順 
1. ストーブに竹片などを入れ、火をおこします。
2. 火がよく燃えてきたら、ストーブの上を通して、金属製桶を配置します。
3. 籾殻を金属製桶の上から詰めていきます。
4. ストーブのパイプと鉄製パイプをつなぎます。
5. その後、鉄製パイプと竹をつなぎます。
6. 竹の煙突(片方)を短いドラムの方に傾けます。
7. 約7時間、燃焼し続けます。(*燃焼し過ぎると灰になってしまいます。)
8. 炭化後、籾殻くん炭(10kg)と、木酢液(1-1/2リットル)が出来ます。

使い方
1. 木酢液(Vinegar)
1リットルの木酢液に4リットルの水を加えます。1-1/2リットルの木酢液で、6リットルの混合物ができます。木酢液は害虫を駆除するために使用します。

2.籾殻くん炭(Charcoal)
土壌:3、堆肥:2、籾殻くん炭:1の比率で混ぜたものは、土壌改良に使えます。